スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

マウスピース矯正装置の説明‐インビザライン&アソアライナー|スマイル⁺さくらい歯列矯正歯科二子玉川 二子玉川駅から徒歩2分。土日も診療。

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別無料相談

患者様の声

症例集

ブログ

医療機関の方へ

当院が利用しているマウスピース矯正装置とその特徴のご紹介

当院では「インビザライン」と「アソアライナー」の2種類をご用意しています。
見た目は似ていますが、適応症例や特徴が異なりますので、それぞれご紹介します。

「インビザライン」の特徴‐来院回数を大幅に短縮可能

薬機法対象外の矯正装置であり医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

invisalign

他のマウスピースにはないインビザラインのメリット。
それは「来院回数を大幅に減らすことができる」ところにあります。

マウスピースを作製する時、必ず歯の型を取ります。インビザラインは最初に型取りを行った後は3次元画像化技術をCAD/CAM技術により、各ステージで必要なマウスピースをまとめて作成することが可能です。そのため、6~8週間に1回程度の来院で治療を受けられます。

  • 薬剤を塗り
  • 特殊な光を照射
  • 薬剤を除去

インビザライン以外のマウスピースの場合、2~3週間に1回来院し、その都度新しいマウスピースを作製することになります。患者様には時間的な負担を強いることになります。

「アソアライナー」の特徴

アソアライナー

アソアライナーは治療ステージごとに歯型を取ってマウスピースを作製する必要がございます。来院頻度は増えますが、その分、最適な形のマウスピースを高精度で作ることが可能です。

精度の高い矯正治療

また、インビザラインと比べ適応症例が限定されます。
アソアライナーの適応症例としては、「奥歯の咬み合せに問題のない前歯部の歯列不正」「後戻りの治療」「スペースの閉鎖」などです。

デメリット

適応症例が狭く、抜歯が必要となるケースや重度の歯並びの悪化には対応が困難となります。一方、インビザラインは適応症例が広く、各症例に柔軟に対応可能です。

メリット

インビザラインに比べて費用を抑えられるのが大きなメリットです。どちらの装置で適用できる場合、インビザラインの方が治療費は高くなってしまいます。

インビザラインとアソアライナーの「使い分け」

これまでそれぞれのシステムの特徴をご紹介してきましたが、それぞれのメリット・デメリット等を表にまとめました。

来院回数 適応症例 備考
invisalign 少ない
(6~8週間に1回)
広い
Asoaligner 多い
(月に1回)
狭い 段階に応じた
適切な対応が可能

当院では、それぞれの特徴を考慮し、患者様の治療に一番適切なシステムをご提案させて頂いております。お気軽にご相談くださいませ。

マウスピース矯正に関してドクターからのメッセージ

マウスピースによる矯正治療は、ほとんどの工程がコンピューター処理によって行われます。しかし、全く人の手を必要としないという訳ではありません。

院長

出来上がってきた装置が本当にその方に合った仕上がりになっているかを診査しなくてはなりません。これは私たち歯科医師の仕事です。

ここを間違えてしまうと、余計に歯並びを悪化させることになりかねなません。
そのため、問題があると判断した場合は、適切なものができるまで何度も再作成いたします。

インビザラインを開発したアライン社は、装置の取り扱う歯科医師に対して認定条件を設けています。当院で治療にあたる歯科医師は皆、インビザライン認定医を取得済みです。

  • 院長
  • 認定証
  • 副院長
  • 認定証

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 無料相談
  • 資料請求

〒814-0101
東京都世田谷区玉川3-10-11森本ビル3階

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集

患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

患者様の声

料金表

詳細は料金表をご参照ください。