スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

症例集

ブログ

医療機関の方へ

矯正歯科の治療で顔の変化は期待できる?顔つきがどのように変わるのか二子玉川の歯医者が紹介します!

2020年01月31日

「歯列矯正をすると顔の変化があるって本当?」
「矯正歯科に通って歯並びをよくして、顔つきも変えたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
歯並びが変わると顔の変化もあると聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、今回は歯列矯正によって顔つきがどのように変わるのか紹介します。

 

□歯列矯正をするとどのような顔の変化があるのか?

 

*顔の形が整う

顔の形には、美しいとされるラインが存在します。
例えば、鼻先と下あごを結んだラインはエステティックラインと呼ばれます。
日本人の場合、このエステティックラインのやや内側に上唇があり、ライン上に下唇があるとよいです。
しかし、歯が出ていると、唇がラインの外に出てしまいます。
矯正歯科で治療することで、唇が理想の位置に近づき、顔立ちが整って見えます。

 

*顔のゆがみが直る

歯並びが悪かったり、歯の高さがばらばらだったりすると、噛み合わせが悪くなります。
噛み合わせが悪いことは、顔がゆがむ原因の一つです。
もし、噛み合わせが悪くてもそのままでいると、顔の形も変わってしまいます。
矯正歯科で治療することで、噛み合わせをよくすれば、顔のゆがみが治る場合もあります。
ちなみに、顔のゆがみの原因には、左右どちらかの歯ばかりで噛む癖があることも挙げられます。
したがって、噛む際には両方の歯を同じくらい使うように意識することも大切です。

 

*すっきりとした顔立ちになる

歯並びが悪いと、しっかりと口を閉じられない場合があります。
しかし、矯正歯科で治療することで、しっかりと口を閉じて鼻呼吸できるようになります。
そうすることで、口元が引き締まり、すっきりとした印象になるでしょう。
また、あごの骨格が歯並びのせいで変わってしまっていた場合、歯並びをよくすることであごの骨格も戻ります。

 

*明るい表情になる

歯並びがきれいになると、自分の笑顔に自信が持てます。
精神面の変化があることで、普段の表情も明るく変わるでしょう。
普段から笑顔でいると、顔つきもどんどん変わっていきます。

 

□まとめ

以上、歯列矯正でどのように顔つきが変わるのか紹介しました。
矯正歯科で治療することで、以前とは顔つきが大きく変わる可能性があります。
是非これらを参考に、歯列矯正に挑戦してみてはいかがでしょうか。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

子供の出っ歯の矯正方法は?二子玉川の子供の矯正歯科医が紹介します!

2020年01月30日

「子供が出っ歯なのだが、矯正した方がよいの?」
「出っ歯の矯正のメリットを知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
出っ歯は見た目が気になるだけではなく、生活に支障をきたす場合もあります。
そこで、今回は子供の出っ歯の矯正方法やメリットを紹介します。

 

□子供の出っ歯の矯正方法

 

*出っ歯とは

出っ歯は、下あごが後退し、上あごの前歯が出ているため、噛み合わせがよくない歯並びのことです。

 

*子供の出っ歯の治療を始める時期

出っ歯の治療は、6歳や7歳頃に始めるのが最もよいでしょう。
なぜなら、この時期は子供の体が成長する時期なので、成長を利用して治療できるからです。
あごも体の成長にともなって、この時期によく成長します。

 

*出っ歯の具体的な矯正方法

まずは、出っ歯の原因を治す必要があります。
そのために、一日中マウスピースをつけて歯の位置を矯正します。
特に、寝ている間は必ずマウスピースをしておくことが大切です。
次に、あごを横に広げる治療をします。
これらは、歯の状況によってさまざまな装置を用いて行います。
最適な治療法は、担当医の指示に従って決まります。
最後に、人によっては歯並びを整える矯正をします。

 

□子供の出っ歯を矯正するメリット

 

*抜歯をしなくてもよい

大人になってから出っ歯の治療をすると、原因を完全に治しきれない可能性があります。
そのため、治療の際に抜歯を必要とするケースもあります。
子供のうちに治療をすることで、原因から根本的に治せる可能性があります。
治療自体も、抜歯を必要としない治療で済みます。

 

*費用が少なくて済む

子供の出っ歯の原因は、あごの形が整っていない場合があります。
成長を利用して治療をするため、大人の治療に比べてスムーズに治療できる可能性があります。
そのため、かかる費用を抑えられる可能性があります。
また、将来矯正を行う必要がなくなるというメリットもあります。

 

□まとめ

以上、子供の出っ歯の矯正方法とメリットを紹介しました。
子供のうちに出っ歯を矯正しておくことで、大人になって矯正歯科に通う必要がなくなります。
また、子供のうちに出っ歯の矯正をすることにはメリットがいくつかあります。
ぜひこれらを参考に、子供の歯列矯正を検討してみてはいかがでしょうか。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
これまでに約1500以上の治療実績がありますので、お子様の成長に最適なサポートをさせていただきます。
お子様の歯並びが気になり、矯正をお考えの方はぜひこちらをご覧ください。

矯正器具が目立つかどうか気になる方へ!ワイヤーが目立ちにくい歯列矯正について二子玉川の歯医者が紹介!

2020年01月29日

「ワイヤーを用いた歯列矯正をしたいが、目立つのか気になる。」
「目立ちにくい歯列矯正を知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
歯列矯正が目立つとどうしても気になるので、できれば目立たない矯正を選びたいですよね。
そこで、今回は目立ちにくい歯列矯正について紹介します。

 

□裏側矯正とは?

 

*歯の裏側に装着する器具

裏側矯正とは、ワイヤーを舌側、つまり歯の裏側に装着して歯を矯正する方法です。
歯の裏側に器具がついているため、外からは見えにくいです。
奥歯で見えない部分だけ外側に器具をつけるものもあります。
また、上の歯だけ裏側矯正を行い、下の歯は器具を外につけるものもあります。
下の歯の方が、器具が目立ちにくいという特徴があります。

 

*なぜ目立ちにくい?

歯の裏側につける器具なので、外からは目立ちにくいです。
したがって、ワイヤーが目立つかどうか気になっている方にはおすすめです。

 

□通常の歯列矯正との違いは?

 

*かかる力の大きさが異なる

表側の歯列矯正と比べて、隣のブラケットとの距離が短くなります。
そのため、より短いワイヤーを使用します。
短いワイヤーの方が、曲げるときに強い力が作用します。
したがって、裏側矯正の方が、ワイヤーを動かすのに力はいりません。

 

*治療期間は変わらない

通常の歯列矯正と裏側矯正で治療にかかる期間は変わりません。
個人差はありますが、どちらも1年から2年くらいで治療が終わります。

 

*虫歯になりにくい

裏側矯正の方が、虫歯になりにくいです。
なぜなら、歯の裏側にあるエナメル質は表側の約3倍の厚さがあるためです。
ただし、しっかりとケアをする必要はあります。

 

*インダイレクトボンディングが必要

表側の場合は、目で位置を確認しながら矯正器具を装着します。
これを、ダイレクトボンディングと言います。
しかし、歯の裏側は複雑な形をしているため、この方法で装着するのが困難です。
したがって、歯に直接装着する前に、モデルを作成してコアを作ってもらいます。
そして、それを利用して器具を装着します。
この方法を、インダイレクトボンディングと言います。

 

□まとめ

以上、目立ちにくい歯列矯正を紹介しました。
是非これらを参考に、裏側矯正に挑戦してみてはいかがでしょうか。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

二子玉川の子供の矯正歯科医が子供の歯の噛み合わせの矯正について紹介!

2020年01月28日

「子供の噛み合わせの矯正について気になる。」
「子供の矯正治療について知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
子供の矯正治療は大人と異なる部分も多く、どのように行われるのか不安ですよね。
そこで、今回は子供の噛み合わせの矯正について紹介します。

 

□子供の噛み合わせの矯正

 

*噛み合わせの問題が起きる理由

子供は顎が小さいため、歯並びや噛み合わせの問題が起こりやすいです。
なぜなら、乳歯のころに隙間なく並んでいる場合、永久歯がきれいに並んで生えるスペースがないからです。
その結果、ガタガタに歯が生えてしまったり、噛み合わせの問題が起きたりします。
また、歯列が小さいと舌が圧迫され、酸素が不足気味になる可能性もあります。

 

*日頃の悪い癖も影響する

噛み合わせの問題は、遺伝によるものもありますが、日頃の悪い癖も影響します。
例えば、頬杖をついたり、うつ伏せで寝たりする行為が噛み合わせの問題につながります。
したがって、矯正治療を行う以前に、まずはこれらの癖を改善する必要があります。

 

*噛み合わせの矯正方法

子供の噛み合わせの矯正治療は、大人の場合と異なる部分が多いです。
子供の場合は、成長の過程に合わせて噛み合わせの軌道修正を行います。
大人の噛み合わせの治療のように、いきなりワイヤの装置をつけて理想の噛み合わせにするとは限りません。
具体的な矯正方法としては、マウスピースを用いた治療が挙げられます。
寝ているときにマウスピースをはめることで、正しい噛み合わせに誘導します。

 

*子供の噛み合わせの矯正を行う目的

子供のうちに噛み合わせを矯正することで、将来噛み合わせが悪くなるリスクを軽減できます。
また、顎を大きくすることで、健康的な呼吸や舌運動の発育を図ります。
噛み合わせを治すことで、体の健康的な成長につながります。

 

□まとめ

以上、子供の噛み合わせの矯正ついて紹介しました。
子供の噛み合わせの矯正は、大人の場合と異なり、体の成長を利用した治療を行います。
ただし、悪い癖があると噛み合わせが悪くなってしまうので、まずは癖を改善することが先決です。
ぜひこれらを参考に、子供の矯正歯科治療を検討してみてください。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
これまでに約1500以上の治療実績があり、お子様の成長に最適なサポートが可能です。
お子様の歯の矯正をお考えの方はぜひこちらをご覧ください。

ワイヤーを用いた歯列矯正で歯が臭いのを悩んでいる方へ!二子玉川の歯医者がその原因と対処法を紹介します!

2020年01月27日

「表側や裏側にワイヤーを用いた歯列矯正をすると、口が臭くなるのが気になる。」
「歯列矯正で口が臭くなる対処法を知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
口が臭くなるのを防ぐために、原因や対処法を知りたいですよね。
そこで、今回は歯列矯正をすると口が臭くなる原因と、その対処法を紹介します。

 

□歯列矯正をすると口が臭くなる原因

 

*歯磨きがしづらい

口の中に歯列矯正の器具があると、歯磨きをしても歯と器具の間に食べかすが残ってしまいます。
その汚れがずっと残っていると、口が臭くなる原因になります。

 

*口が閉じにくい

歯列矯正を行う際に、噛み合わせを緩くする場合があります。
その場合、口が開きっぱなしなので、口の中が乾燥しやすいです。
口の中が乾燥すると、細菌が増えて口が臭くなる原因になります。

 

*口の中が炎症を起こす

ワイヤーの歯列矯正をしていると、器具によって口の中が傷つけられる場合があります。
それによって、口内炎ができたり、歯茎の炎症が起きたりする可能性があります。
これらの炎症から悪臭が発生することで、口が臭くなってしまいます。

 

□歯列矯正によって口が臭くなることへの対処法

 

*歯磨きの仕方に気をつける

いつも通りの歯磨きをしていると、食べかすが残ってしまいます。
したがって、歯列矯正をしているときは、食後すぐに歯磨きすることをおすすめします。
なるべく口の中に汚れをためておかないことが重要です。
また、歯列矯正中は、矯正専用の歯ブラシを使うこともおすすめします。
通常の歯ブラシに比べて、歯磨きがしやすいというメリットがあります。

 

*洗口液でうがいをする

歯磨きに気をつけていても、通常よりは汚れがたまりやすいです。
したがって、洗口液でうがいをすることをおすすめします。
食後に歯磨きだけではなく、うがいも合わせてするとよいでしょう。

 

*歯列矯正のクリーニングをしてもらう

自分で歯磨きをするのが難しい場合は、歯医者でクリーニングをしてもらうとよいでしょう。
歯列矯正のプランの中にクリーニングが入っていることもあれば、別途料金を払って行う場合もあります。
歯列矯正をしてもらう歯医者が、クリーニングをしてもらえる場所か事前に確認しておくとよいでしょう。

 

□まとめ

以上、ワイヤーを用いた歯列矯正で歯が臭くなる原因とその対処法を紹介しました。
是非これらを参考に、歯が臭いという悩みを抱えないように対策してみてください。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

歯列矯正の際は頭痛に注意?頭痛が起こりやすいケースとその対処法を世田谷区の歯医者が紹介!

2020年01月26日

「歯列矯正をすると頭痛がするの?」
「歯列矯正の際に頭痛がしたときの対処法を知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
歯列矯正はしたいけど、頭痛で苦しみたくはないですよね。
そこで、今回は歯列矯正の際の頭痛について紹介します。

 

□歯列矯正で頭痛が起こりやすいケース

 

*装置を初めて装着するとき

歯列矯正は、ワイヤーやブラケットを用いて歯の位置を移動させる矯正です。
歯の位置が移動しているときに、歯には圧力がかかります。
装置を初めて装着したときには、特に大きな圧力がかかりやすいです。
そのため、歯の痛みとともに頭痛がする可能性があります。
一般的には、時間が経つにつれて、痛みも減ります。

 

*起きたとき

寝ている間には、無意識に食いしばりを行っていることが多いです。
矯正期間中は、歯が動きやすい状況になっています。
その状況で食いしばりを行うと、圧力がかかり神経を刺激してしまいます。
したがって、起きたときに頭痛を感じる場合があります。
また、食いしばりを行っていなくても、矯正中は力が入りやすいため、頭痛が出る場合があります。

 

*硬いものを食べたとき

歯列矯正中に、せんべいやスルメのように、硬いものや噛み切りにくいものを食べると、頭痛が起こりやすいです。
これは、歯が動きやすい状態のときに硬いものを食べることで、歯が揺れるからです。
したがって、矯正中はできるだけ柔らかいものを食べるか、硬いものを細かくしてから食べることをおすすめします。

 

□頭痛が起きたときの対処法

 

*矯正歯科に相談する

最もよい対処法は、矯正歯科に相談することです。
自分で解決しようとしたり、我慢したりすると、違う部分に痛みが生じる可能性もあります。
早めに相談することで、治療方針を変更してもらえる可能性もあります。
また、自分でできる対処法も教えてもらえるでしょう。

 

*痛み止めを飲む

すぐに矯正歯科に行けないときは、痛み止めを飲むことが有効です。
ただし、痛み止めが効き始めるまでには、15分から60分程度かかります。
そのため、不安に感じるのであれば、早めに飲んでおくとよいでしょう。

 

□まとめ

 

以上、歯列矯正の際の頭痛について紹介しました。
歯列矯正の際には、頭痛が起こる可能性があります。
対処法や頭痛が起こりやすいときを事前に知っておくことで、頭痛で苦しむリスクを減らせます。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

歯列矯正で保険が適用できるケースは?世田谷区の矯正歯科が解説します!

2020年01月24日

「歯列矯正でどのような場合に保険が適用されるの?」
「どのような治療に保険が適用されるのか知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
歯列矯正は保険が適用されないとされていますが、例外で適用される場合もあります。
そこで、今回は歯列矯正の際に保険が適用できる場合を紹介します。

 

□原則として歯列矯正の際に保険は適用されない

 

原則として、矯正歯科での治療は保険適用外です。
なぜなら、健康保険の対象になる治療は、病気であることが前提だからです。
矯正歯科での治療は、歯並びをよくして見た目を改善するために行うことが多いです。
したがって、美容医療と同じように保険が適用されません。

 

□歯列矯正で保険が適用される場合は?

 

*保険が適用される場合

保険が適用されるケースは限られています。
具体的には、以下のような治療が保険の対象です。
まずは、顎の外科手術を要する顎変形症(がくへんけいしょう)の手術前、手術後の矯正歯科治療です。
額変形症とは、顎の骨の形や大きさに異常がある症状です。
次に、所定の症候群等に起因した咬合(こうごう)異常に対する矯正歯科治療です。
所定の症候群というのは、厚生労働大臣が定める疾患に記載されている症状です。
そして、前歯3歯以上の永久歯萌出不全に起因した咬合異常です。
保険が適用されるのは、これらに限ります。

 

*どうすれば保険の対象かどうかわかるの?

顎変形症で保険を適用させる場合は、指定されている医療機関で診断を受け、認定をもらう必要があります。
これらは、歯列矯正だけでは改善が難しいため、顎の外科手術が必要です。
自分が保険の対象かわからない場合は、まずは医療機関に相談してみることをおすすめします。

 

*治療ができる場所は?

保険が適用される場合の矯正治療は、治療できる場所が限られています。
それらは、日本矯正歯科学会のホームページで公表されています。

 

□まとめ

 

以上、歯列矯正の際に保険が適用できる場合を紹介しました。
基本的には歯列矯正の治療には、保険は適用されません。
しかし、条件を満たしていれば保険が適用される可能性があります。
歯列矯正を行う前には、自分が保険適用の対象に含まれるのか確認してみてはいかがでしょうか。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

二子玉川で矯正歯科をお探しの方必見!前歯の歯列矯正って痛い?

2020年01月20日

「前歯の歯列矯正をする際は、痛いのだろうか?」
「できるだけ痛みがない治療方法について教えてほしい。」
このように、歯列矯正の際に感じる痛みについて疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
痛みが発生するのか怖くて、なかなか治療を始められない場合もあるでしょう。
そこで今回は、前歯の歯列矯正に伴う痛みについてご紹介します。

 

□抜歯に伴う痛み

 

*抜歯しなくても前歯の治療ができる

歯並びが悪い方でも、抜歯をせずに前歯の治療ができます。
前歯が前に出ていて大きく見えてしまっている場合でも、歯の裏側に強制装置を付けることで改善できるでしょう。
前歯だけでなくその他の歯も少しずつ動かすことで抜歯せずに、治療が行える場合があるので歯科医院に相談してみると良いでしょう。
抜歯をする必要がなければ、抜歯をする痛みはありません。

 

*抜歯がどうしても必要な時

抜歯を行った後の痛みは、一般的に2~3時間で治ります。
しかし、この時間には個人差があるでしょう。
痛みが強い場合には、歯科医からもらった鎮痛剤を飲んでください。
鎮痛剤を飲むことで、治りが遅くなることはないため痛みを我慢せずに飲みましょう。

 

□治療中の痛み

歯列矯正とは、歯を少しずつ移動させて歯並びや噛み合わせと整える治療法です。
歯を移動させる必要があるため、全く痛みを感じないように治療することは困難です。
しかし、歯科医院はできるだけ痛みがないように心がけているため、痛みがある場合は相談すると良いでしょう。
具体的に痛みを感じるタイミングは以下の通りです。

・装置を付けた直後で歯が動くタイミング
・硬いものを噛むタイミング
・歯列矯正のために装着している装置が口内に当たるタイミング

歯を動かすために、ワイヤーなどが使われます。
そのため、自然と口の中や舌に当たってしまうこともあるでしょう。
その刺激によって口内炎になることがあり、痛みを伴う可能性があります。
歯を動かす時の痛みが強い場合は、歯科医院に伝えましょう。
治療のスピードを緩めるなどの対処法もあります。

 

□まとめ

今回は、二子玉川で歯列矯正を検討されている方に向けて、歯列矯正と痛みについてご紹介しました。
歯列矯正は、歯が元から生えている位置から理想の位置まで移動させるため、多少の痛みが伴うかもしれません。
当院は、専門知識を必要とする裏側からの治療を得意としています。
目立ちにくいという特徴があるため、見た目が気になる方にぴったりの治療法です。
また、当院では診断を行う際に治療費の総額を提示します。
万が一、治療期間や通院回数が増えても追加の治療費はかからないため、ご安心ください。
また、ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

世田谷区で良い矯正歯科の探し方と選び方についてご紹介

2020年01月19日

「矯正歯科へ行こうかと考えている。」
「良い矯正歯科ってどう見極めたらいいのかな。」
このように、矯正歯科選びについて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
実は、矯正歯科選びの中には、いくつかポイントがあります。
そこで今回、良い矯正歯科の探し方のポイントについてご紹介します。

 

□良い矯正歯科の探し方

 

*ポイント1:日本矯正歯科学会の認定医がいるかどうか

まず、ポイントとして挙げられるのが、認定医がいるかどうかでしょう。
理由としては、この認定を受けるためには歯科医師免許だけでなく、専門機関で5年間ほど矯正について、専門的な研修をみっちり行ったのちに、厳しい試験に合格する必要があるからです。
この認定医の資格がある歯科医師の割合は、歯科医師全体の約3%なので、まさに矯正治療のプロと言えるでしょう。
当院では、認定医が2名在籍しているので、ご安心していただけます。

 

*ポイント2:デメリットについてもきちんと説明してくれるかどうか

初回カウンセリングの際に、治療方法を提案する矯正歯科がほとんどでしょう。
メリットはもちろんのことですが、デメリットについてもきちんと説明してくれるかどうか、しっかりとチェックしましょう。
理由としては、患者様の選択肢を増やすことになるからです。
また、サイトからも、治療方法についての記載がある場合が多いので、メリットの他にもデメリットも合わせて見てみてください。

 

*ポイント3:治療の目標、治療計画について説明してくれるかどうか

ポイント3つ目として、治療の目標、治療計画について説明してくれるかどうかも確認しましょう。
特に治療計画については、患者様1人1人違いますよね。
そのため、計画について話すことは、コミュニケーションを十分にとることにつながります。
また、質問をする際は、患者様が納得できるように話してくれるかも重要です。
説明をしてもらって、治療前の不安を取り除いてくれる矯正歯科に通いましょう。

 

□まとめ

今回、良い矯正歯科の探し方のポイントについてご紹介しました。
通える範囲かどうかや、医院内の雰囲気も重要なポイントですが、今回ご紹介したポイントも合わせてチェックしましょう。
また、この記事以外に、ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。
無料で見積もりもさせていただいておりますので、世田谷区にお住まいの方はお電話やメールでお気軽にご相談ください。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。

二子玉川で歯列矯正をお考えの方!前歯を小さく見せる方法をご紹介!

2020年01月17日

「大きな前歯がコンプレックスだが、何か対処法はあるのだろうか?」
「前歯を小さくする治療について知りたい。」
このように、前歯を小さくすることについて疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
歯並びを整えることで、前歯の大きさをカバーできる場合があります。
そこで今回は、前歯を小さく見せる治療についてご紹介します。

 

□前歯を小さく見せる治療法

前歯が大きく見える原因は、大きく2つに分けられます。
1つ目は、前歯自体が大きいことです。
9ミリメートルを大きく超える前歯は、大きいと言えるでしょう。
2つ目の原因は、相対的に前歯が大きいことです。
歯自体は平均的な大きさでも、目立って見えてしまう場合があります。
周囲の歯が小さかったり、前歯が少し前に出ていたりすることが要因かもしれません。
以下では、絶対的に歯が大きい場合と、相対的に大きく見える場合に分けて対処法を紹介します。

 

*絶対的に歯が大きい場合

歯自体が大きい場合は、歯を削り大きさを整えることもあります。
歯がしみたり、神経が傷ついたりすることがないように細心の注意を払って治療を行うため、安心して治療を受けられます。
また、歯を削ったことによってできた隙間を埋める工程もあります。
もし中央部分を削った場合、すきっ歯のように見えてしまうため歯の位置の調節は大切です。

 

*相対的に歯が大きく見える場合

前歯が出ていることにより、大きく見えてしまっている可能性があります。
そのため、歯並びを改善することで目立たなくします。
抜歯をすることなく、歯の裏側に矯正装置をつける方法でも治療できます。
この方法で行うと、痛みも少なく見た目も気になりにくいでしょう。
絶対的に歯が大きい場合より、歯列矯正を行うことでコンプレックスを解消できるケースの方が多いでしょう。

 

□まとめ

今回は、前歯を小さく見せる治療についてご紹介しました。
歯列矯正を行うことで、コンプレックスが解消できるかもしれないことをおわかりいただけたと思います。
当院は、専門知識を必要とする裏側からの治療を得意としています。
目立ちにくいという特徴があるため、見た目が気になる方にぴったりの治療法です。
また、当院では診断を行う際に治療費の総額を提示します。
万が一、治療期間や通院回数が増えても追加の治療費はかからないため、ご安心ください。
また、ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-10-11 TK第1ビル 3F

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集

料金表

詳細は料金表をご参照ください。