スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

ブログ

医療機関の方へ

二子玉川で矯正歯科をお探しの方必見|歯並びが悪い理由とは?歯列矯正で治る?

2019年06月30日

「歯並びが悪い理由って何?」
「歯列矯正で歯並びは解決するの?」
歯並びを修正したい方は、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
今回は、歯並びが悪くなってしまう理由と矯正の方法について詳しく解説していきたいと思います。

 

□遺伝による原因

顔や体格が親と似るように、歯並びも親から遺伝します。
親の歯並びが悪い場合、自分と歯並びの特徴を比較してみましょう。
特に、歯の形やあごの大きさが遺伝しやすいと考えられます。

 

□成長過程による原因

歯並びは、遺伝的な要因の他に幼少期から大人になるにかけての成長過程でも変化すると言われています。
親は歯並びがいいのに、自分の歯並びが悪い方だとお思いの方はこちらが原因かもしれません。
成長過程による歯並びの変化の要因はいくつか存在します。
それでは、それぞれを解説していきます。

 

*舌と唇の使い方

歯並びは、幼少期における舌や唇の使い方によって変化すると言われています。

 

*癖による原因

日常における何気ない癖が歯並びに影響していることがあります。
例えば、頬杖をよくついたり、爪噛みも歯並びに悪影響を及ぼします。
癖になっている人は、できるだけ早めに治しましょう。

 

*呼吸の仕方

日常で、何気なく行っている呼吸の方法も歯並びの変化に大きくかかわります。
無意識に口が開いてしまっており、口呼吸になっている方は注意が必要です。
では、なぜ口呼吸で歯並びが悪くなるのでしょうか?
それは、内側から舌に力がかかることで前歯が徐々に押し出されてしまうからです。

 

*その他の原因

以上の原因の他にも、歯周病やあごの発育によって歯並びが悪くなることもあります。
様々な原因があるので、自分で原因がわからない方は、ぜひ矯正歯科クリニックで診断を受けてみましょう。

 

□歯並びを治すには?

以上のように歯並びが悪くなる原因がわかっても、どのように治療すればいいかと疑問をお持ちだと思います。
歯並びを治すには、歯列矯正がおすすめです。
歯列矯正では、歯並びと歯のかみ合わせの両方の治療が行えます。
歯並びの程度によりますが、隙間を作るために抜歯をして治療を行うこともあります。
歯列矯正のご相談は、ぜひ矯正歯科クリニックにご相談ください。

 

□まとめ

以上のように、歯並びには様々な原因があります。
しかし、現在の医療技術を利用すれば、歯並びを改善することが可能です。
すき歯や出っ歯、受け口でお悩みの方は非常に多いです。
ぜひ、歯列矯正をして悩みを解決していきましょう。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

二子玉川で矯正歯科をお探しの方必見!|歯並びの改善で生じる好循環とは?

2019年06月28日

「歯並びの改善で生じるメリットとは?」
「歯並びを改善するといいことがあるの?」
歯並びにお悩みの方やこれから歯列矯正をはじめようと思っている方の中には、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
実は、歯並びを改善すると思っている以上にメリットがたくさんあります。
今回は、歯並びの改善で生じる好循環について詳しく解説していきたいと思います。

 

□虫歯になりにくくなる

歯並びがよくなると、歯磨きがしやすくなるため虫歯になる可能性が下がります。
また、歯並びが悪い際は唾液が歯の隙間に溜まってしまいますが、歯並びが良いと唾液の流れがよくなり、虫歯の予防に繋がります。

 

□清潔感を与えられる

白くて整った歯を見せることで、清潔な人であるという印象を与えることができます。
また、先ほどの通り、歯の並びがよくなることで歯磨きもしやすくなるので、より一層白い歯を維持しやすくなります。

 

□消化が良くなる

歯並びがよくなると歯のかみ合わせがよくなるため、食べ物をしっかりと噛むことができるようになります。
そのため、しっかりとかみ砕かれた状態で食べ物が胃に到達するので消化がよくなります。

 

□発音や発声、滑舌が向上する

歯の噛み合わせがよくなることで、舌の動きがなめらかになり、空気の抜けも少なくなるため発音や発声、そして滑舌がよくなります。
日本語や英語の発音や発声を鍛えたい方も、歯並びの改善を検討してみましょう。

 

□明るい表情づくりができる

歯並びが悪い方は、歯を見せて笑うことに躊躇してしまう方も多くいらっしゃいます。
しかし歯並びを改善することで、躊躇なく歯を見せて笑うことができます。
これにより、明るい印象を与えられるようになるだけではなく、自分自身も明るい気持ちになります。

 

□信頼感が得られる

アメリカをはじめとした海外では、歯並びを重視する国がいくつかあります。
これらの国では、歯並びは美意識や収入の安定性を表していると考えられています。
よって、歯並びを改善することで海外でも信頼がアップするでしょう。

 

□まとめ

以上のように、歯並びの改善はメリットが多く、好循環となるでしょう。
すき歯や出っ歯、受け口でお悩みの方は非常に多いです。
ぜひ、歯列矯正をして悩みを解決していきましょう。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

世田谷区の子供の矯正歯科医が教える!悪い歯並びの種類

2019年06月27日

子供の歯並びが少し気になってはいませんか?
でも、どんな歯並びなら歯医者に行く必要があるのか、いまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで気になるのが、歯列矯正が必要な歯並びの種類ですよね。
「どんな歯並びなら、歯列矯正をしたほうが良いの?」
「歯並びの悪さの種類を知りたい。」
この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。
代表的な悪い歯並びの種類について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□不正咬合の種類

悪い歯並びのことを、正式には「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。
それでは、不正咬合の例を見ていきましょう。

 

*上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」と言われる不正咬合です。
上の前歯が、下の前歯より突き出ている歯並びです。
指しゃぶりや、舌で前歯を押す癖があることが原因です。
口が閉じにくくなってしまうため、口の中が乾燥してしまうなどのデメリットがあります。

 

*反対咬合(はんたいこうごう)

いわゆる「受け口」といわれる不正咬合です。
下の前歯が、上の前歯より前に出ている歯並びのことを言います。
遺伝や、舌や唇の筋肉の癖が原因です。
発音や物をかむことが難しくなるというデメリットがあります。

 

*叢生(そうせい)

重なり合って、でこぼこしている歯並びのことを、叢生と言います。
あごが小さいことや、指しゃぶりが原因となることが多いです。
歯磨きがしにくい歯並びなので、虫歯や歯周病になりやすいです。

 

*開咬(かいこう)

前歯が完全に閉じられない歯並びです。
オープンバイトとも言います。
遺伝や指しゃぶり、口呼吸の癖などが原因です。
発音や食事がしにくかったり、口の中が乾燥してしまったりなどのデメリットがあります。

 

*交叉咬合(こうさこうごう)

奥歯などの数本の歯のかみ合わせがずれている歯並びです。
左右のバランスが取れずにあごが成長してしまったことや、ほおづえが原因です。
顔がゆがんでしまう、食事がしにくい、肩こりや頭痛があるといったデメリットが起こる可能性があります。

 

*空隙歯列(くうげきしれつ)

いわゆる「すきっ歯」といわれる不正咬合です。
あごに対して歯の大きさが小さかったり、もともとの歯の数が足りていなかったりすることが原因です。
発音がしにくい、食べ物がつまりやすいなどのデメリットがあります。

 

□まとめ

今回は、悪い歯並びの種類について解説しました。
子供の歯並びが、今回紹介した例のどれかに当てはまりましたら、できるだけ早く診察を受けることをおすすめします。
お子様の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。

当院はこれまでに約1500以上の治療実績がありますので、お子様の成長に最適なサポートさせていただきます。

二子玉川で矯正歯科をお探しの方必見!|バレずに矯正する方法とは?

2019年06月26日

「歯の矯正をしたいが目立たないようにしたい」
「矯正器具が周りにばれないようにしたい」
歯並びにお悩みの方やこれから歯列矯正をはじめようと思っている方の中には、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
今回は、周りに目立たない歯の矯正について詳しく解説していきたいと思います。

 

□目立たない歯の矯正

歯の矯正には、様々な種類があります。
多くは、マウスピースやワイヤーといった器具を使用します。
これらの器具をできる限り目立たないようにしたいという方も多くいらっしゃいます。
目立たない歯の矯正の種類は以下の通りです。

 

*審美ブラケット

ワイヤーを使用した歯の矯正は、歯の表面に金属の器具を取り付けるため目立ってしまいます。
しかし、金属のワイヤーの代わりに審美ブラケットを使用すると目立ちにくくなります。
なぜなら、審美ブラケットは透明であったり、歯に近い色で作られたりしているからです。
審美ブラケットの中でも、材質によって金額が異なるので注意しましょう。

 

*裏側矯正

目立ちにくい矯正をしたい方に非常に人気の高い矯正方法です。
裏側矯正とは、名前の通り歯の裏側にワイヤーとブラケットを取り付ける方法です。
よって、矯正が外から目立ちにくいです。
裏側矯正は、歯の形状によって金額が異なるので注意しましょう。
また、歯の裏側に器具がつくため、はじめのうちは発声や会話がしにくいと感じる人もいらっしゃいます。
装着するにつれて慣れてきますが、どうしても違和感を覚える方は担当の矯正歯科クリニックに相談しましょう。

 

*透明なマウスピースを使用した矯正

先ほどご紹介したワイヤーを使用する方法とは異なり、取り外しが可能であるマウスピースを使用する方法です。
よって、人前に出るときは付けないといった使用方法が可能です。
また、室内でマウスピースを付ける際もできる限り目立たないようにしたい方は透明なマウスピースを使用しましょう。
マウスピースは、自分で管理をしないといけないため紛失したり壊したりしないようにしましょう。
また、一日に装着しなければならない時間が決まっているのできっちりと自己管理をしましょう。

 

□まとめ

以上のように、歯の矯正の中には目立たない方法もあります。
すき歯や出っ歯、受け口でお悩みの方は非常に多いです。
ぜひ、歯列矯正をして悩みを解決していきましょう。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

世田谷区で矯正歯科をお探しの方必見|矯正の痛みとは?防止策は?

2019年06月24日

「歯列矯正の際の痛みが心配」
「歯列矯正って痛いの?」
歯並びにお悩みの方やこれから歯列矯正をはじめようと思っている方の中には、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
今回は、歯列矯正の際の痛みについて詳しく解説していきたいと思います。

 

□歯列矯正の際の痛み

歯列矯正では、個人差もありますが痛みが生じることがあります。
昔に歯列矯正を行った方は、痛かったという思い出をお持ちの方もいらっしゃると思います。
しかし、現在では医療技術の発展によりできる限り痛みを感じない治療が行われています。
そのため「思ってたほど痛くはなかった」といったお言葉をいただくこともあります。
歯列矯正の際の痛みをいくつかご紹介します。

 

*歯が動く際に生じる痛み

矯正には矯正器具を使用します。
矯正器具を取り付けた直後に、引っ張られる感覚が生じます。
矯正器具を付けたおよそ36時間後に最も痛みを感じるようです。
数日から一週間程度後には、徐々に痛みは和らいでいきます。

 

*食事の時の痛み

先ほどの矯正器具の痛みと同様に、食べ物を食べるときや口を動かすときに痛みを感じるかもしれません。
特に、スルメや堅焼きせんべいといった強く噛む必要のある食べ物を食べた際には痛みを感じやすくなるでしょう。
矯正中はできる限り強く噛む必要のある固い物は食べないようにしましょう。

 

*矯正器具の接触による痛み

ワイヤーとブラケットを使用する矯正装置の場合は、これらが口の中や舌先に当たってしまうことがあります。
これらのダメージが重なることで、口内炎や口の痛みに繋がることがあります。

 

□痛みを軽減するには

痛みを軽減する方法として、痛み止めや装置とのこすれを防止するワックスを利用する方法があります。
そのほかにも、口内炎を防ぐにはビタミンB2 を多く含む食べ物を多く摂取しましょう。
また、いつもより痛いと感じる場合や強い違和感がある場合にはできるだけ早く担当の医師に相談するようにしましょう。

 

□まとめ

以上のように、歯列矯正の際に痛みが生じる場合もありますが適切な治療を行えば大きな問題にはならないでしょう。
医療技術の発達は非常に進んでおり、できるだけ痛くない器具も増えてきているので昔に比べて痛みの負担は少なく矯正できます。
すき歯や出っ歯、受け口でお悩みの方は、ぜひ歯列矯正をして悩みを解決していきましょう。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

二子玉川で矯正歯科をお探しの方必見!|歯列矯正の具体的な方法とは?

2019年06月23日

「歯並びをよくしたい」
「歯列矯正の方法が知りたい」
すき歯や出っ歯、受け口でお悩みの方の中には、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
今回は、歯並びを改善する方法とその流れについて詳しく解説していきたいと思います。

 

□歯並びを改善する方法

歯並びを改善する方法の中で人気があるのは、歯列矯正です。
歯列矯正とは、専用の装置を用いて歯並びを改善する方法です。
この方法では、歯並びをよくするだけではなく歯の噛み合わせも改善できます。
歯列矯正の種類には、ワイヤー矯正や裏側矯正、マウスピース矯正など様々なものがあります。
それでは、それぞれの矯正方法を解説します。

 

*ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯列矯正の中で最も有名な矯正方法です。
この方法は、歯の表面に矯正装置を取り付け、ワイヤーで歯を引っ張ることで治療します。
このワイヤーの種類は、金属やセラミックなど多種にわたります。

 

*裏側矯正

ワイヤーでは歯の表面に装置を取り付けるのに対して、裏側矯正では歯の裏側に装置を取り付けます。
よって、外から矯正器具が見えません。
周りの方に矯正器具を見られたくないという方におすすめです。

 

*マウスピース矯正

今まで歯の矯正をしたことのない方でも、「マウスピース」という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。
マウスピース矯正は、個々の歯にあったマウスピースを取り付けて矯正する方法です。
マウスピースは取り外しができるので、歯列矯正のストレスや負担が少なく済みます。

 

□歯列矯正の手順

歯列矯正を行うためには、最初に矯正歯科クリニックでカウンセリングを受けましょう。
その次に、口腔内検査を受け、歯並びが悪い原因や歯並びの悪い部分を特定します。
そして、治療方法や期間、費用を相談します。
この手順が済んだら、治療がスタートします。
また治療期間内には、一定期間の通院が必要になります。
矯正が終了した後には、保定期間という矯正した歯並びを維持する期間があります。
このように、歯列矯正は手軽に始められます。

 

□まとめ

以上のように、歯列矯正の中にも様々な方法があり、手軽に始められることが最大のメリットです。
自分で、歯並びの原因を突き止めて治療することは困難なのでぜひ矯正歯科クリニックに相談してみましょう。
歯並びにお悩みの方は、歯列矯正をして悩みを解決していきましょう。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

二子玉川で歯列矯正をご検討の方必見|歯並びが与える印象とは?

2019年06月21日

「歯並びがよくなると相手からの印象がよくなる?」
「歯並びを改善して相手からの印象を変えたい」
これから歯列矯正をご検討の方は、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
今回は、歯並びを改善することで得られる相手からの印象の変化について詳しく解説していきたいと思います。

 

□歯並びが与える印象とは?

歯並びは、相手から受ける印象に大きな影響を与えます。
歯並びは遺伝的な要因もあり、人を見かけで判断するのはいかがなものかという意見もあります。
しかし、第一印象はほとんど見た目で決まってしまいます。
歯並びによる印象は、時に取引先との商談や恋愛でも大きな役割を担うことがあるかもしれません。

 

*健康的な印象を与える

歯並びが悪い方の中には、歯を見せて笑うことに躊躇してしまう方もいらっしゃいます。
しかし、歯並びが良いと歯を見せて笑うことに躊躇がなくなるので表情が豊かになります。
そのため、明るく健康的な人に見られます。

 

*大人っぽい印象を与える

テレビ番組や雑誌で歯並びがよい俳優や女優に対して、大人っぽい印象を受ける方も多いのではないでしょうか。
一方、漫画では無邪気で子どもっぽいキャラクターに八重歯が描かれていることがしばしばあります。
このように、歯並びが悪いと子どもっぽい印象を与えてしまうことがあります。
歯列矯正をして、俳優や女優のような憧れの歯並びを手に入れましょう。

 

*清潔感のある印象を与えられる

歯並びのよい方は、歯並びの悪い方に比べて歯磨きがしやすいです。
そのため、歯並びの良い方は歯並びの悪い方に比べて虫歯にもかかりにくく口臭の問題に悩まされることも少ないです。
清潔感をアップさせたい方は、ぜひ歯列矯正をしましょう。

 

*信頼のある印象を与えられる

アメリカをはじめとした海外では、歯並びの良さが美意識といったステータスになっている国もあります。
そのため、歯並びの良い人に対して、美意識にお金をかけられる一定の収入のある人という信頼感を与えることができます。
海外で就職や進学をご検討の方は、歯並びの改善をおすすめいたします。

 

□まとめ

以上のように、歯並びを改善することで得られるメリットは非常に多いです。
現在、すき歯や出っ歯、受け口といった歯並びが悪いことでお悩みの方は非常に多いです。
歯列矯正は手軽にはじめられるので、歯並びに関する悩みを解決しましょう。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

世田谷区の子供の矯正歯科医が教える!噛み合わせが悪いデメリット

2019年06月20日

子供の噛み合わせが悪く、気になってはいませんか?
子供の歯並びを治すために、歯列矯正を検討している方もいるかと思います。
子供の噛み合わせは、早めに改善するべきだと言われています。
「噛み合わせが悪いと、どんな問題があるの?」
「やっぱり歯並びって治した方が良いの?」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
噛み合わせが悪いことにより、発生するデメリットを解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□噛み合わせが悪いことによるデメリット

 

「噛み合わせ」とは、その名の通り、上下の歯の接触の状態を言います。
噛み合わせに関わる組織は、実は歯だけではありません。
歯を支える歯周組織、頭・顎(あご)・首にかけての噛む時に使われる筋肉、顎関節と、幅広い組織が関わっています。
噛み合わせが悪いと、さまざまなデメリットがあるので、ご紹介します。

 

*消化器官に負担がかかる

噛み合わせが悪いと、上下の歯の噛みあっている部分は、かなり少なくなります。
そのため、物をかみ砕く効率が悪い状態です。
十分にかみ砕けないため、胃腸により負担をかけてしまうのです。
消化不良の原因にもなります。

 

*口臭の原因になる

噛み合わせが悪いと、完全に口を閉じることが難しいです。
そのため、口呼吸の習慣がついてしまうことがあります。
口呼吸をしていると、口の中が乾燥してしまい、口臭が発生する原因となってしまうのです。
また、乾燥していることにより、口の中に雑菌が繁殖しやすい環境になります。
さらに、虫歯を防ぐ効果がある唾液が出にくくなるというデメリットもあります。

 

*滑舌が悪くなる

噛み合わせが悪いと、特定の音が発音しにくかったり、滑舌が悪くなったりするなどの問題が起こります。
特に、サ行や英語の発音が難しくなり、コミュニケーションが不便になります。

 

□噛み合わせは子供のうちに治そう

 

子供の噛み合わせが悪いと気づいたら、早めに歯列矯正で改善することをおすすめします。
子供のうちに歯列矯正の治療を始めると、骨格の成長を利用して、噛み合わせを治せます。
大人になり、骨格が完成してから矯正する場合より、きれいに治療できるのです。
子供が大きくなって、噛み合わせがコンプレックスになってしまうのを避けるためにも、歯列矯正を検討してみてはいかがでしょうか?

 

□まとめ

 

今回は、噛み合わせが悪いことによるデメリットを解説しました。
噛み合わせが悪いと、さまざまな問題があることがご理解いただけたのではないでしょうか。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

世田谷区で矯正歯科をお探しの方必見|矯正歯科で治療を受ける前の注意点は?

2019年06月19日

「歯列矯正の前に認識すべき注意点とは?」
「歯列矯正を始めたいが不安」
歯並びにお悩みの方やこれから歯列矯正を始めようと思っている方の中には、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
今回は、歯列矯正の前に認識すべき注意点について詳しく解説していきたいと思います。

 

□歯列矯正に必要なこととは?

歯列矯正を始める前に、認識しておくと治療がスムーズになるポイントがいくつかあります。
しかし、病気の際の手術や治療のように大きな心配をする必要はありません。
医師の指導の下、適切な習慣や治療を続けていると大きな負担なく治療を終えることができるでしょう。

 

*歯磨き

歯列矯正の前には、歯を清潔にしておきましょう。
できる限り、ご飯を食べた後は毎回歯磨きすることを心がけましょう。

 

*治療内容や期間の個人差

治療の方法や通院期間、使用装置は個人の歯の状態や要望によって違います。
そのため、友人や知人から聞いていた治療内容や通院期間と異なることがあります。
適切な治療や通院期間を知るためにも、矯正歯科クリニックの医師に相談しに行きましょう。

 

*歯根吸引

歯列矯正では、矯正中に歯の根の先が短くなる方がいらっしゃいます。
通常、歯に悪影響を及ぼすものではありません。
しかし、歯に対して悪影響を及ぼす際には治療の方法や期間を変更することがあります。

 

*後戻り

歯列矯正の治療が終わった後、歯は元の位置に戻ろうとします。
これを防ぐために、治療後の歯を保つための保定期間を要します。
これは、専用の装置を用いて行い、3~4か月に一度の通院が必要になります。
装置を使用しなかったり、通院を怠ったりしてしまうと後戻りしてしまい、再治療が必要になってしまうので気を付けましょう。

 

*矯正歯科クリニックの予約

矯正歯科クリニックに行く際は予約をすることをおすすめいたします。
予約なしの来院でも対応可能なクリニックが多いですが、予約をしている患者さんを優先して診察するため、予約なしに来院すると診察まで時間がかかる可能性があります。
スムーズに治療を行うためにも、矯正歯科クリニックに来院する前には予約をしましょう。

 

□まとめ

以上のように、歯列矯正は医師による丁寧な指導によって行われるので安心です。
歯列矯正の具体的な流れを把握したい方は、矯正歯科クリニックの医師によるカウンセリングを受けに行きましょう。
ぜひ、歯列矯正をして悩みを解決していきましょう。
当院では、無料カウンセリングも行っておりますのでお気軽にお越しください。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。


		
							

	
    

世田谷の子供の矯正歯科医が教える!矯正のメリットとデメリット

2019年06月18日

子供の歯並びが少し気になってはいませんか?
治療するために、歯列矯正を検討している方もいらっしゃると思います。
そこで気になるのは、子供のうちから歯列矯正をすることのメリットとデメリットですよね。
「子供なのに、歯列矯正してもいいの?」
「子供の頃から、歯並びを矯正するメリットとデメリットを知りたい。」
この記事は、こうした疑問を解決できる内容となっております。
子供矯正のメリットとデメリットについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□子供のうちから歯列矯正をするメリット

 

結論から言いますと、子供のうちから歯列矯正することには多くのメリットが存在します。
一つずつ解説していきます。

 

*顎(あご)の成長を調整できる

子供の時に、歯列矯正を行うことで、顎の骨の成長を利用して治療を行えます。
永久歯が生えそろっていない時期の治療は、顎の成長を整える方法が主に使われます。
この時期に矯正すれば、上下の顎のバランスや大きさを整えやすいという、大きなメリットがあるのです。

 

*抜歯の可能性が格段に少ない

大人の歯列矯正の場合は、歯並びを治すために、永久歯を抜かなければならないケースがあります。
顎が小さく、歯のスペースが少ないという問題があるからです。
しかし、子供の歯列矯正の場合は、小さい顎を広げる治療が可能です。
そのため、抜歯が必要になるケースがとても少ないのです。

 

*大人になってからの矯正をしなくてすむ

子供のうちに矯正をして顎の成長をコントロールし、歯並びを整えることで、大人になって矯正を行う必要性が減ります。
もし、大人になって矯正が必要になった場合も、その期間が短くなることがほとんどです。

 

□子供のうちから歯列矯正をするデメリット

 

子供の頃に歯列矯正を行うことには、大きなメリットがあることがご理解いただけたかと思います。
しかしデメリットがあることも事実ですので、ご紹介していきます。

 

*治療法によっては、虫歯のリスクが高まる

歯に装置を固定する、ブラケット矯正という治療法があります。
この治療法を採用した場合、装置に食べかすが挟まりやすく、歯磨きもしにくくなってしまいます。
そのため、虫歯になるリスクが高まります。

 

*本人の努力が必要

子供の矯正で使う装置は、ほとんどが家庭で本人に装着してもらうものです。
本人に、継続して治療する気持ちがなければ、良い治療結果が得られない場合があります。

 

□まとめ

 

今回は、子供のうちから歯列矯正を行うメリットとデメリットについて解説しました。
今回の記事を参考に、子供に治療を受けさせるか考えてみてはいかがでしょうか?
何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒814-0101
東京都世田谷区玉川3-10-11森本ビル3階

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

料金表

詳細は料金表をご参照ください。