スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

ブログ

医療機関の方へ

二子玉川の方へ|大人の矯正歯科での歯列矯正は危険なのか?

2019年10月21日

「大人になってからの歯列矯正を始めるのは危険と聞いたことがあるから、矯正をしたいけど、とても不安に感じる」
「もし本当にこの歳での歯列矯正が危険だとしたら、何かトラブルが起きたときにどのように対処したらいいの?」
このように不安に感じる方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
大人の歯列矯正は危険だと言われることは、事実なのでしょうか?
もし事実である場合、何が大人になってから歯列矯正をするのに危険なのでしょうか?
また、大人での歯列矯正のリスクを軽減するためには、何か良い方法はないのでしょうか?
そこで、今回は不安を解消するためにも知っておきたい「大人になってからの矯正歯科での歯列矯正は危険なのか」について詳しくご紹介します。

 

□大人になってからの矯正歯科での歯列矯正!危険?それとも安全?

ある程度歳をとってからの歯列矯正は、子供のときに歯列矯正をするよりは、実際に危険性は高くなると言われています。
その理由として、大人になってからの歯列矯正には以下のリスクがあると考えられるからです。

 

*痛みがある

大人の歯は、子供の歯より、すでに歯の位置が固定されています。
歯列矯正は、その状態から意図的に装置を使って歯を正しく並べようと動かすので、痛みを感じることが多いです。
中には、鎮痛剤を飲まないと我慢できないほどの痛みが襲ってくることもあると言われています。

 

*きれいに矯正できるまでに時間がかかる

大人での歯列矯正は、子供での歯列矯正と比べると、治療期間が長くなります。
長い間、痛みや口の中の違和感と戦い続けることがデメリットとして考えられるでしょう。
しかし、長い期間の治療期間さえ終われば、大人の方でも歯並びはきれいに整います。
そのため、以上のリスクがあるからといって、大人での歯列矯正を諦める必要はありません。
なぜなら、専門家である矯正歯科の歯科医に任せれば、リスクなく歯列矯正ができる方法があるからです。
しかし、その方法は個人の状態によって異なるので、まずは近くの矯正歯科に行き、歯科医に歯の状態や不安に思っていることを相談してみることをオススメします。
そこから、歯列矯正を始めるか検討してみてはいかがでしょうか?

 

□まとめ

以上、「大人になってからの矯正歯科での歯列矯正は危険なのか」について詳しくご紹介しました。
大人で始める歯列矯正について知識を深めたい方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
また、当院には矯正歯科全般に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、二子玉川やその近隣にお住いの方はぜひお気軽にご相談ください。

ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。
みなさまの当院のご利用、お待ちしております。

二子玉川の方へ|矯正歯科での大人の歯列矯正に必要な期間って?

2019年10月20日

「矯正歯科での歯列矯正を検討しているけど、大人の歯列矯正だと歯並びが綺麗になるまでどれくらいの期間が必要なの?」
「大人になってからの歯列矯正だと、長い間目立つ器具をつけないといけないってこと?」
「治療期間はどれくらいかかるのかについて詳しく知りたい。」
このようにお悩みの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
どうしても歯列矯正となると、長期間器具の装着をするイメージがありますよね。
そこで今回は、知っておきたい「大人になってからの歯列矯正はどれくらいの治療期間が必要なのか」について詳しくご紹介します。

 

□大人になってからの矯正歯科での歯列矯正ってどれくらい期間が必要?

大人での歯列矯正は、子供での歯列矯正と比べると、治療期間がどうしても長くなります。
そして、その長い治療期間中は、痛みや口の中の違和感と戦い続けることになるでしょう。
では、具体的には、どれくらい長い期間が治療に必要なのでしょうか?
実は、歯列矯正と一言で言っても、たくさんの種類があります。
それぞれの種類では、以下の治療期間が必要と言われています。

 

*ブラケット矯正

ブラケットと呼ばれるワイヤー器具を使った矯正の方法です。
みなさんが「歯列矯正」と聞いて、一番にイメージするものがこのタイプになるのではないでしょうか?
このブランケット矯正だと、歯列矯正の種類の中でも治療期間が一番長いと言われています。
ズバリ、2年から3年程度はかかります。

 

*クイック矯正

このクイック矯正とは、歯の見た目をより「早く・美しく」整えたいとお考えの方にとって特にオススメの方法のひとつです。
この方法だと、一般的に、1ヶ月から3ヶ月ほど治療期間が必要だと言われています。

 

*部分矯正

この部分矯正は、特にご自身がコンプレックスに感じている部分だけに器具をつけて歯並びを整えていく方法です。
部分矯正の場合、3ヶ月から1年程度と言われています。
しかし、個人の悩みや歯の状態によって最適な歯列矯正の種類は異なります。
そのため、まずはお近くの矯正歯科に行き、歯科医に歯の状態や不安に思っていることを相談してみることをオススメします。
そこから、どのタイプの歯列矯正で治療するかを検討してみてはいかがでしょうか?

 

□まとめ

「矯正歯科での大人の歯列矯正はどれくらいの治療期間が必要なのか」について詳しくご紹介しました。
大人で始める歯列矯正について知識を深めたい方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
また、当院には矯正歯科全般に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、二子玉川やその近隣にお住いの方はぜひお気軽にご相談ください。

ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。
みなさまの当院のご利用、お待ちしております。

二子玉川の方へ|矯正歯科で実施できる?大人の歯列矯正の例

2019年10月18日

「矯正歯科での歯列矯正を検討しているけど、大人の歯列矯正が危険だとうわさに聞いて不安」
「大人になってからの歯列矯正はどういった点で危険なの?大人でも歯列矯正ができる可能性が高いと安心するためにも、大人の歯列矯正の具体的な例を知りたい」
このようにお悩みの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、同じように不安に感じていた方の中に、歯列矯正を実施して、長年のコンプレックスから解放された方も多くいらっしゃいますよ。
そこで今回は、歯列矯正を施す前に知っておきたい「大人の歯列矯正における具体的な例」について詳しくご紹介します。

 

□矯正歯科で実施されてきた大人の歯列矯正の過去例

大人での歯列矯正は、子供での歯列矯正と比べると、治療期間がどうしても長くなります。
そして、その長い治療期間中は、痛みが伴うことが多いとも言われています。
しかし、歯列矯正の治療に入る前に、歯並びを綺麗にするための土台をしっかり整えさえすれば、リスクや痛みなく歯列矯正を成功させる可能性が高まることはご存知でしょうか?
実は「歯列矯正」と一言で言っても、たくさんのパターンがあります。
そのままの歯の状態で歯列矯正を始められる方もいらっしゃれば、その前に少し治療が必要なパターンもあります。
ここでは、歯列矯正の治療に入る前に、別の治療が必要な際の具体的な例を紹介します。

 

*歯を削りサイズを小さくする

この方法では、歯列矯正をする前に、歯を削って歯と歯の間にスペースを作ることが目的です。
歯列矯正の器具を使って歯並びを綺麗に並べたいけれど、顎が小さい方は歯を綺麗に並べるためのスペースがないので問題になることもあります。
その際に、この方法が有効な治療手段として使われます。
しかし、デメリットとして、歯の表面の輝きとつるつるとした感じがなくなる恐れがあると言われています。

 

*抜歯する

歯列矯正でより綺麗な歯並びや美しい横顔にするためには、矯正歯科では抜歯をオススメしていることがあります。
しかし、歯の位置や状態によって抜歯をしなくても、しっかりと美しく治療できることもあるので、一概には言えません。
そのため、まずはお近くの矯正歯科に行き、歯科医に歯の状態や不安に思っていることを相談してみることをオススメします。
その人に合った治療方法を詳しく提案してくれますよ。

 

□まとめ

以上、「大人の歯列矯正における具体的な例」について詳しくご紹介しました。
大人で始める歯列矯正について知識を深めたい方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
また、当院には歯列矯正全般に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、二子玉川やその近隣にお住いの方はぜひお気軽にご相談ください。

ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。
みなさまの当院のご利用、お待ちしております。

世田谷区で歯列矯正をお考えの方!抜歯にかかる費用を解説します!

2019年10月16日

「歯列矯正の際に抜歯を勧められたけど、どれくらいの費用がかかるの?」
「そもそも歯列矯正には必ず抜歯が必要なの?」
「抜歯込みの歯列矯正の費用について詳しく知りたい。」

歯並びをよくしたいと矯正歯科で歯列矯正を検討する方の中で、このようなお悩みをお持ちの方は多いです。
抜歯となると、費用が高額になったり、痛みが伴ったりするのではないかと心配になりますよね。
そこで今回は、歯列矯正医が抜歯の費用やその要否について解説します!

 

□抜歯にはどれくらいの費用がかかるの?

抜歯の費用は、保険の適用が可能かどうかによって大きく変わります。
一般的に、虫歯や歯周病が原因で抜歯をする場合は保険が効くことが多いです。
しかし、歯列矯正では健康で異常のない歯を、スペースを確保するために抜くケースがほとんどのため、保険の適用外となってしまいます。
この場合、1本あたり5000円〜10000円程度の抜歯費用がかかります。
抜歯をする場合、基本的に上顎2本、下顎2本の合計4本を抜く場合が多いため、それを踏まえて費用を用意しておく必要があります。

 

□そもそも歯列矯正に抜歯は必要なの?

歯並びの悪化の主な原因は、「すべての歯が並ぶための十分なスペースの不足」です。
そのため、歯を綺麗に並べるために矯正治療でよく行われるのが「抜歯」です。
しかし、できることなら健康な歯をわざわざ抜きたくないですよね。
そこで、インプラントを活用して奥歯を後ろ側に移動させることでスペースを確保する、非抜歯による歯列矯正があります。
これは歯を前に動かす従来の治療法では実現不能な画期的な方法です。
しかし、残念ながら歯の乱れや噛み合わせの状態によって、審美性を求めるためには抜歯が必要になる場合もあります。

 

□まとめ

以上、今回は歯列矯正医が抜歯の費用やその要否についてご紹介しました。
抜歯を避けたい方は、「非抜歯」矯正を行う医院でまずは相談してみてください!
当院は、世田谷区を中心に、可能な限りの「非抜歯」矯正を承っております。
日本矯正歯科学会の認定医が、お客様の歯並びのお悩みを解決します。
当院では、治療費を治療前に総額提示するトータルフィー方式を採用しているため、万が一の抜歯や、処置後の矯正装置の追加、治療期間の延長による治療費の加算は一切ございません!
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。

世田谷区で矯正歯科をお探しの方必見!裏側矯正にかかる費用を徹底解説!

2019年10月14日

「目立たないように裏側矯正で歯並びを綺麗にしたい。」
「矯正歯科で裏側矯正をするにはどんな費用がどれくらいかかるの?」
「裏側矯正って、処置費以外にも検査やメンテナンスで高額な費用がかかるんじゃないの?」

歯並びをよくしたいと矯正歯科で矯正を検討する方も多いですが、大人だと矯正器具が見えるのが嫌でためらってしまう方も多いです。
そんなあなたにオススメなのが、矯正器具を歯の裏側につけて、目立たないようにできる「裏側矯正」です。
しかし、目立たないようにする分、矯正費用が高額なのではと心配になりますよね。
そこで今回は、矯正歯科医が裏側矯正にかかる費用の相場について詳しくご説明します。

 

□裏側矯正にはどれくらいの費用が必要?

*初診料・相談料について

これは、治療の流れや矯正器具についてなど、個人個人のお悩み別に相談にのるカウンセリングでかかる費用です。
病院によっては無料であったり、費用がかかったりします。
いくつかの医院に行って、それぞれの特徴や費用を比較することで、納得できる矯正歯科医院を選びましょう。

 

*検査診断料について

検査診断料とは、歯形や口、顔の写真を撮り、これらの精密検査に基づいて治療計画を立てる際に必要になる費用です。
この費用は一般的に、35000円〜が相場です。

 

□裏側矯正中にかかる費用の相場は?

*装置及び処置料について

装置及び処置料は、矯正を行う矯正器具の代金と、矯正器具の調整にかかる費用のことです。
この費用は、医院の違いだけでなく、歯並びなどの歯の状態によって矯正器具代も異なるため様々です。
治療期間が12ヶ月だと、上下の裏側矯正の場合81万円〜、上が裏側矯正、下が表側矯正の場合は74万円〜が相場だと言われています。

 

*定期健診やメンテナンス料

定期健診やメンテナンス料とは、処置後に矯正が元の状態に戻ってしまっていないかを検査したり、歯の状態に応じて矯正器具の調整をしたりするのに必要な費用です。
これも医院によって異なりますが、一般的に月々5000円〜10000円程度の費用がかかります。
治療が長引いてしまい、これが思わぬ出費となることも多いため、余裕を持った予算を準備しておきましょう。

 

□まとめ

以上、今回は裏側治療にかかる費用の相場についてご紹介しました。
虫歯や歯周病がある場合は、矯正を始める前に治療し、歯の状態によって矯正の治療期間が思いのほか長引くこともあるため、歯の矯正には余裕のある予算計画が大切です。
当院は、世田谷区を中心に、豊富な臨床経験や専門知識を必要とする裏側矯正を承っております。
日本矯正歯科学会の認定医が、お客様の歯並びのお悩みを解決します。
当院では、治療費を治療前に総額提示するトータルフィー方式を採用しているため、処置後の矯正装置の追加や、治療期間の延長による治療費の加算は一切ございません!
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。

世田谷区で矯正歯科をお探しの方必見!歯列矯正の治療を短期で終わらせる方法とは

2019年10月13日

「矯正歯科で歯科矯正を検討しているけど、治療期間はどれくらいかかるの?」
「歯列矯正を短期間で終わらせる方法があるって本当?」
「できるだけ早く治療を終わらせたい!」
白くて、歯並びの良い、健康的な歯は素敵ですよね。
そんな人を見ると、歯並びを綺麗にするために矯正をしたくなるものですが、矯正期間が長いとなるとためらう方も多いです。
そんなあなたに今回は、矯正歯科医が短期間で行える矯正治療についてご紹介します!

 

□部分矯正で治療を短期間に!

部分矯正とは、歯列全体を動かさずに、前歯や出っ歯、すきっ歯や八重歯だけの気になる部分のみを矯正する治療方法です。
前歯のちょっとした傾きや、前後の重なり、隙間などを改善するだけでも、見栄えは非常に良くなります。
部分矯正は治療が部分的なため、最短で数ヶ月間で終了し、治療費用も比較的安価なのでお手軽でオススメです!
しかし、極端に歯並びが悪いなど、全体的な矯正が必要になる場合もあるため、まずは専門の医院で相談しましょう。

 

□クリッピーLで治療期間を短縮!

痛みの軽減や治療期間短縮のカギを握っているのが、ブラケットとワイヤーと呼ばれる矯正装置の間に生じる「摩擦」の度合いです。
この摩擦が小さければ、痛みを軽減したり、治療を短期化したりできます。
従来の矯正では、「結さつ線」と呼ばれるワイヤーで、矯正装置を留めていました。
これがブラケットとワイヤー間で摩擦を生み、痛みや治療の長期化の原因になります。
しかし、そこでクリッピ―Lと呼ばれるブラケットを小型化した装置を使用することで、大きな摩擦の原因となる「結さつ線」を使わずに、痛みを軽減して治療期間を短期化できます。

 

□まとめ

以上、今回は短期間で行える矯正治療についてご紹介しました。
技術が進み、長期間かかるイメージのある歯列矯正を短期化する方法があることをご理解いただけたのではないでしょうか?
当院は、世田谷区を中心に、部分矯正治療や、クリッピーLによる短期矯正治療を承っております。
日本矯正歯科学会の認定医が、お客様の歯並びのお悩みを解決します。
当院では、治療費を治療前に総額提示するトータルフィー方式を採用しているため、処置後の矯正装置の追加や、治療期間の延長による治療費の加算は一切ございません!
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。

世田谷区で矯正歯科をお探しの方へ|表側矯正と裏側矯正の違いを解説

2019年10月11日

表側矯正または裏側矯正をお考えの方はいらっしゃいませんか?
「友人に勧められたから、表側矯正を考えている。」
「裏側矯正の方が、メリットが多いと聞くので考えている。」
このように、表側矯正または裏側矯正をお考えの方が多くいらっしゃると思います。
しかし、実際、表側矯正と裏側矯正のどちらが良いのかわかりませんよね。
そこで今回は、表側矯正と裏側矯正の違いを解説します!

 

□表側矯正と裏側矯正の違い

表側矯正とは、歯の表面に矯正器具をつける矯正で、裏側矯正とは、歯の裏面に矯正器具をつける矯正です。
基本的にどちらの治療にも違いはありません。
しかし、メリットとデメリットがそれぞれにあるため、どちらの方が自分にあっているのかを考えてみても良いかもしれませんね。
また、近年では、表側矯正だけでなく、メリットが多い裏側矯正をご検討される方が増えています。

 

*歯の表面と裏面の違い

歯の表面はツルツルしているため、矯正器具が取り付けやすいです。
それに対し、歯の裏側はデコボコしており、また、そのデコボコも人によって様々です。

 

*ブラケットの設置の違い

一番明確な違いとしては、歯を動かすための装置であるブラケットを歯の表面につけるか裏側につけるかどうかです。
治療中の見た目をどの程度求めるかによって、表側矯正を行うか裏側矯正を行うかを選べます。
また、どちらを使用しても、治療期間や仕上がりに違いはありません。

 

□ハーフリンガル矯正とは?

ハーフリンガル矯正とは、歯にブラケットという器具をつけ、そこにワイヤーを固定するブラケット矯正のひとつです。
上の歯をリンガル矯正にして、下の歯は表側にブラケットをつけるもので、上半分だけリンガル矯正にすることから、ハーフリンガル矯正と呼ばれます。

 

*メリット

話したり、笑ったりする際にもっとも目立つとされる上の歯をリンガル矯正にすることで、装置が見えることはありません。

 

*デメリット

上下の表側矯正や裏側矯正と比べると、ハーフリンガル矯正の方が、費用がかかります。
また、ブラッシングがしにくくなるため、虫歯になる可能性があります。

 

□まとめ

今回は、表側矯正と裏側矯正の違いを解説しました!
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。

当院では、歯列矯正についてのご相談を随時受け付けております。
歯並びの改善に向けて、歯列矯正の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
是非一度、当院までお問い合わせください。

裏側矯正ができない場合がある?世田谷区の矯正歯科医が解説します

2019年10月9日

裏側矯正をお考えの方はいませんか?
「表側矯正だと目立ってしまうから、裏側矯正の方が良い。」
「裏側矯正のメリットが多いため、検討している。」
このように、裏側矯正をお考えの方が多くいらっしゃると思います。
しかし、実は、裏側矯正ができない場合があります。
そこで今回は、裏側矯正ができない場合について世田谷区の矯正歯科医が解説します!

 

□裏側矯正とは?

歯列矯正を行う際、歯の表面に矯正器具をつけるというイメージがありますよね。
実は、歯列矯正には、いろいろな種類があるのですが、歯の表面に矯正器具をつける表側矯正のほかに、歯の裏側に矯正器具をつける裏側矯正というものがあります。
裏側矯正とは、一般的な表側矯正に比べ、機能性や安全性などにおいて多くのメリットがあります。

 

*メリット

矯正治療の大きな悩みのひとつに矯正器具が見えることが挙げられます。
子供だけでなく、大人も矯正器具が見えるため、歯列矯正を断念してしまうというケースが多いです。
しかし、裏側矯正は、歯の裏側に矯正器具をつけるため、矯正器具がほかの人に見えません。
矯正器具が見えないという点が、裏側矯正の最大のメリットですね。
また、裏側矯正は、出っ歯や虫歯の予防などの様々なメリットがあります。

 

*デメリット

裏側矯正は、メリットだけでなく、デメリットも存在します。
デメリットとして挙げられるのは、食事や会話などの際の「食べづらさ」や「会話しづらさ」が挙げられます。

 

□できない場合

基本的に裏側矯正ができない場合はありません。
また、表側矯正と裏側矯正とでは、治療期間に差はありません。
歯の裏側の面積が極端に狭いため、装置の制作自体が困難な症例や、裏側を修復した歯が極端に多い症例(修復している部分は、天然歯よりも接着しづらいので外れるリスクが高くなる)などは、治療がしにくいことがあります。
しかし、基本的に裏側矯正ができない場合はないため、もし、上記の例にあてはまる方は、一度矯正歯科医に相談しても良いかもしれませんね。

 

□まとめ

今回は、裏側矯正ができない場合について世田谷区に矯正歯科医が解説しました!
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。

当院では、裏側矯正についてのご相談を随時受け付けております。
歯並びの改善に向けて裏側矯正の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
是非一度、当院までお問い合わせください。

世田谷区で矯正歯科をお探しの方必見!裏側矯正の矯正期間をご説明します!

2019年10月7日

「目立たないように裏側矯正で歯並びを綺麗にしたい。」
「矯正歯科で裏側矯正をするには、どれくらいの期間が必要なの?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
歯並びをよくしたいと矯正歯科で矯正を検討する方も多いですが、大人だと矯正器具が見えるのが嫌でためらってしまう方も多いです。
そんなあなたにオススメなのが、矯正器具を歯の裏側につけて、目立たないようにできる「裏側矯正」です。
しかし、裏側に矯正器具をつける分、処置が複雑で、矯正期間が長くなってしまうのではないかと心配になりますよね。
そこで今回は、矯正歯科医が裏側矯正の治療にかかる期間を解説します!

 

□裏側矯正は表側矯正よりも治療期間が長いの?

裏側矯正は複雑で治療の期間が長いと思われがちですが、実は裏側矯正の治療期間は、他の矯正方法の場合と特に変わりません。
治療期間は、基本的に患者さんの歯の状態によって異なります。
例えば、前歯部分の小さな乱れを矯正する場合だと、一般的に治療は1年以内に終わります。
一方で、噛み合わせの調整を含め、歯列を大きく動かす場合は1年半~2年、さらに難しい症例の場合は治療期間が2年~3年ほど必要です。

 

□裏側矯正の保定期間は?

裏側矯正の矯正器具を装着する期間を動的治療期間、矯正器具を外した後の経過観察の期間を保定期間と言います。
保定期間中は、後戻りを防ぐ「リテーナー」を装着します。
特に保定期間が始まってから最初の半年~1年は、矯正が戻りやすいため、食事や歯磨き以外の時間は常にリテーナーを装着する必要があります。
また、保定期間の初期は3ヶ月おきに、矯正してから2年~3年のうちは半年ごとに病院に行くことで、矯正をより確実なものにします。

 

□まとめ

以上、今回は裏側治療にかかる期間についてご紹介しました。
裏側矯正にかかる期間は、個人の歯の状況によって大幅に異なるため、まずは来院し、ぜひ初回カウンセリングを受けてみてください!
当院は、世田谷区を中心に、豊富な臨床経験や専門知識を必要とする裏側矯正を承っております。
日本矯正歯科学会の認定医が、お客様の歯並びのお悩みを解決します。
当院では、治療費を治療前に総額提示するトータルフィー方式を採用しているため、処置後の矯正装置の追加や、治療期間の延長による治療費の加算は一切ございません!

また、ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。

二子玉川の方へ|矯正歯科での歯列矯正において大人でも保険が適用できる場合

2019年10月6日

「矯正歯科で歯列矯正を始めようかと検討しているが、大人の場合も保険が適用できる場合があるのか知りたい。」
「噛み合わせが悪くて歯列矯正を検討しているけど、歯列矯正は高額だからできるだけ費用を抑えたいときってどうしたらいいの?」
このようにお悩みの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
歯列矯正を自費で行おうとすると、かなりの高額な治療費がかかりますよね。
そこで、大人の方でも、保険が適用されることがあることはご存知でしょうか?
そこで、今回は知っておきたい「歯列矯正するときに大人も保険適用になる場合があるのか」について詳しくご紹介します。

 

□大人でも矯正歯科で歯列矯正が保険適用になる場合って?

ズバリ、大人の方で、歯列矯正の保険適用の対象となるのは、「歯の機能性に問題がある」と診断された場合のみです。
つまり、「美容のため」や「見た目を良くしたい」のような理由で歯列矯正をする場合には、保険は適用されません。
では、「歯の機能性に問題がある場合」とはどのような状況なのでしょうか。
代表的なものに、「咀嚼障害」・「発音障害」・「顎変形症」が例に挙げられます。
上記のように、医師から診断を受けられれば、大人であっても歯列矯正の費用は保険対象となるのでご安心ください。
また、歯の機能性の問題で保険が適用になる場合は、他にもあります。
そのため、事前に矯正歯科に「この場合の歯列矯正は保険適用となるのか」について確認するために、まずは矯正歯科に問い合わせてみることをオススメします。

 

□矯正歯科での歯列矯正が保険適用になったときの具体的な申請手順って?

保険を使って治療費を抑えるためには、確定申告の際に申請手続きをしていただく必要があります。
その際に必ず必要になる書類が以下の通りです。
検討されている歯列矯正が保険適用内と確認が取れたら、なるべく早くこれらの資料を揃えると良いでしょう。
一般的には歯列矯正にかかるすべての費用が控除されると言われています。

・医師からの歯の機能に問題があると記載された診断書

・歯列矯正治療にかかった費用の領収書

 

□まとめ

「歯列矯正するときに大人も保険適用になる場合があるのか」について詳しくご紹介しました。
歯列矯正の保険について知識を深めたい方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また、当院には矯正歯科全般に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、二子玉川区やその近隣にお住いの方はぜひお気軽にご相談ください。
みなさまの当院のご利用、お待ちしております。

ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートをさせていただきます。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒814-0101
東京都世田谷区玉川3-10-11森本ビル3階

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

料金表

詳細は料金表をご参照ください。