スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

症例集

ブログ

医療機関の方へ

二子玉川の矯正歯科が解説!予防のための子供の歯列矯正!

2020年03月5日

「歯並びが悪くなる前に子供に矯正治療を受けさせたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
歯並びの悪化を防ぐためには、幼い頃からの予防が有効です。
そこで今回は、予防のための歯列矯正について、二子玉川の矯正歯科が詳しく解説します。

 

◻︎歯並びが悪くなるのを防ぐには?

 

従来、歯列矯正は永久歯が生えそろってから始めるのが良いと言われていました。
しかし、乳歯と永久歯の両方が生えている状態のうちに簡単な治療や予防処置を受けることで、歯列矯正が容易になったり、時間を大幅に短縮できたりすることが分かっています。
治療に適したタイミングを逃さずに適切な処置を行うことで、不正咬合(上の歯と下の歯が正常にかみ合わない状態)を予防できるでしょう。
そのため、歯列矯正を行うことで正しい噛み合わせに育成できるのです。

 

◻︎具体的な予防方法は?

 

*歯並びが悪化する原因

 

歯が生えると、口内環境が大きく変わります。
乳児期であれば舌は下顎の内側にありますが、歯が生えると上顎と下顎の距離が広がるでしょう。
また、食べ物を噛むために舌を上顎につける必要がでてきます。

ところが、その移行が上手くいかずバランスが取れないと歯並びに影響が現れます。
舌の力が強いと歯は内側から外側へ押されます。逆に、唇や頬の力が強いと歯は外側から内側へと押されるのです。
バランスを整えることで、正しい顎の成長や自然な歯の生え変わりを助け、歯並びが悪くなるのを予防できます。

 

*マウスピースの装着がおすすめ

 

矯正治療をしたいと考えても、矯正装置が目立つのが気になって矯正に踏み切れないという方も多いと思います。
マウスピースは取り外し可能な矯正装置です。
基本的には自宅のみで使用するため、日常生活に支障を与えることなく、顎のバランスを整えられます。

マウスピースでは矯正できないほどの不調和があった場合は、大人の歯が生えてきた段階で子供の矯正治療に移行できます。
マウスピースでの矯正治療を行なっていれば、その際に治療をスムーズに進められるというメリットがあります。

 

◻︎まとめ

 

子供の歯並びの悪化を予防するためには、矯正治療が有効です。
取り外し可能なものを使えば、日常生活に影響を与えることなく治療できます。
お子様の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
当院はこれまでに約1500以上の治療実績がありますので、お子様の成長に最適なサポートをさせていただきます。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川 矯正専門の歯科医師2名在籍
  • 個別相談
  • 資料請求

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-10-11 TK第1ビル 3F

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集
料金表

詳細は料金表をご参照ください。