スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

症例集

ブログ

医療機関の方へ

世田谷区の矯正歯科が解説!どれくらいの割合で子供は矯正治療を受けているのか?

2020年02月25日

「子供の歯並びが気になるけど、実際矯正をしている子供ってどのくらいいるのだろう」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
自分の子に矯正を受けさせたいと考えた時、周りの子供たちの状態も気になりますよね。
そこで今回は、どれくらいの割合で子供は矯正治療を受けているのかを、世田谷区の矯正歯科が解説します。

 

◻︎世間の親の認識は?

 

アライン・テクノロジー・ジャパンは、10〜15歳の子供を持つ親300名を対象として、「子供の歯並びと矯正治療に関する意識調査」を行いました。
それによると、子供の歯並びについて「元々歯並びが良い」と回答したのは113名、「良くない」と回答したのは187名との結果が出ました。
歯並びが「良くない」と答えた人のうち「矯正治療済み・治療中」なのは57名であり、「治療していない」は130名でした。

元々歯並びが良くない子供における矯正治療率は30.5パーセントに上りました。
つまり、子供が10人いればそのうち3人は矯正治療を受けた経験があるといるということです。
海外諸国と比較すると、日本はまだまだ矯正治療に対する意識が低いのが現状です。
しかし、矯正治療への意識が高まりつつあることがうかがえます。

 

◻︎矯正治療、始めるのはいつ?

 

子供の矯正は、14歳くらいまでの、顎の骨が成長している間に行います。
骨の成長が既に止まっている大人の場合は、顎の骨の大きさを変えるには基本的に手術しかありません。
しかし、顎の骨がまだ成長し続けている子供の時期に治療をすれば、顎の状態をコントロールし、骨格的な改善ができます。
また、子供のうちに矯正をしておくと、大人になってからさらに質の高い治療を行える場合があります。

さらに、子供の時期に治療を行うことで、精神的な負担を軽減できます。
矯正は子供のうちから始めるケースが多いです。
子供のうちは周りが矯正器具をつけていればそれほど気にならないでしょう。
周りに矯正中の人がほとんどいなければ恥ずかしさを感じるかもしれません。
しかし歯並びや噛み合わせに悩んでいる場合は、できるだけ早いタイミングで矯正歯科を受診してみましょう。

 

◻︎まとめ

 

矯正治療は日本でも一般的となりつつあります。
子供のうちから治療を行うことで、様々なメリットを享受できるでしょう。
お子様の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
当院はこれまでに約1500以上の治療実績がありますので、お子様の成長に最適なサポートをさせていただきます。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川 矯正専門の歯科医師2名在籍
  • 個別相談
  • 資料請求

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-10-11 TK第1ビル 3F

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集
料金表

詳細は料金表をご参照ください。