スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

症例集

ブログ

医療機関の方へ

乳歯があるときの歯列矯正はどうすればよい?二子玉川の子供の矯正歯科医が紹介!

2020年02月4日

「乳歯があるとき、子供の歯列矯正はどうすればよいの?」
「乳歯の歯並びが永久歯に影響するか知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
歯列矯正は永久歯が生えてからするというイメージもありますが、乳歯が生えているときはどうすればよいのか気になりますよね。
そこで、今回は乳歯があるときの歯の治療について紹介します。

 

□乳歯があるときの歯列矯正

 

*乳歯の歯並びは永久歯にも影響する

乳歯の歯並びが悪いと、永久歯もそのまま生えてくるので、歯並びが悪くなります。
また、歯並びが悪いと正しい噛み合わせができず、体の成長に影響が及ぶ可能性もあります。
したがって、乳歯があるうちに治療した方がよい場合もあります。
早めに正しい歯並びにしておくことが、将来の美しい歯並びにつながります。
ただし、症状によっては経過観察が必要な場合もあります。
そのため、まずは矯正歯科に相談することをおすすめします。

 

*いつから治療を始めればよい?

治療を始める時期には、個人差があります。
一般的には、歯が生え変わる時期が治療の目安です。
治療を始める時期は、矯正歯科医の指示に従うのがよいでしょう。
また、歯並びの悪さに気づくきっかけは、歯科検診の際が多いですが、見落としが起こることもあります。
したがって、毎日の歯磨きで子供の歯を確認することが大切です。
気になるところがあれば、矯正歯科でみてもらいましょう。

 

*治療以外の対処法

乳歯があるころの歯並びは、成長とともに元に戻る場合もあります。
具体的には、指しゃぶりのような悪い癖が身についているために出っ歯や開咬(かいこう)が起きている場合です。
治療をしなくても、これらの悪い癖を改善することで、歯並びが元に戻る可能性があります。
子供の歯並びが悪いと感じたら、悪い癖が身についていないか確認するとよいでしょう。

 

□まとめ

以上、乳歯があるときの歯の治療について紹介しました。
乳歯の歯並びは、永久歯の歯並びにも影響を与えるので、乳歯が生えている段階で歯列矯正を検討することは重要です。
ただし、治療を始めるタイミングは個人差があるので、まずは医師に相談することをおすすめします。
ぜひこれらを参考に、子供の歯列矯正を検討してみてください。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
これまでに約1500以上の治療実績があり、お子様の成長に最適なサポートが可能です。
お子様の歯の矯正をお考えの方はぜひこちらをご覧ください。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-10-11 TK第1ビル 3F

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集

料金表

詳細は料金表をご参照ください。