スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

症例集

ブログ

医療機関の方へ

マウスピースの装着をさぼったらどうなる?二子玉川の矯正歯科が解説します!

2020年02月7日

「歯列矯正を始めたいが、マウスピースは1日にどれくらい装着する必要があるの?」
「マウスピースの装着をさぼったらどうなるのか知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
マウスピースの装着をさぼった場合、治療にどのような影響があるのか気になりますよね。
そこで、今回は歯列矯正においてマウスピースの装着をさぼったらどうなるのか紹介します。

 

□マウスピースを装着すべき時間

 

*1日に20時間以上

マウスピースによる歯列矯正は、徐々に歯を移動させます。
そのため、1日に20時間以上装着する必要があります。
ただし、最近ではそれより短い装着時間でも効果があるマウスピースも登場しています。
また、一般的に10日前後の装着で治療効果があります。

 

*取り外しをしないように注意

マウスピースをしたままだと、飲食はできません。
そのため、飲食や歯磨きの時間はマウスピースを外す必要があります。
逆に、それ以外の時間はマウスピースを取り外さないようにしましょう。

 

□マウスピースの装着をさぼったらどうなるの?

 

*治療期間が延びる

マウスピースのメリットの一つは、自分で取り外しができるという点です。
しかし、自分で取り外しができるため、装着をさぼってしまうことがあります。
もし装着をさぼったら、その分治療期間は延びてしまいます。

 

*どうしても装着できないとき

もしかしたら、マウスピースを装着できない事情が出てくるかもしれません。
例えば、体調が悪くなったり、旅行に行く予定ができたりするとマウスピースを装着できない可能性があります。
このようなときは、マウスピースの装着日数を延長する必要があります。
したがって、事前に矯正歯科に相談しておくことをおすすめします。

 

*マウスピースを外すべきか迷うとき

例えば、ガムを噛みたくなった場合は、マウスピースを一度外した方が無難です。
このように、日常生活においてマウスピースを外した方がよいのか迷う場面もあるでしょう。
そのようなときは、矯正歯科に相談することをおすすめします。
迷いを解消して、マウスピースを外さなくてよい場面は、できるだけ装着しておくとよいでしょう。

 

□まとめ

以上、歯列矯正においてマウスピースの装着をさぼったらどうなるのか紹介しました。
マウスピースの装着をさぼると、治療の期間が延びるので注意が必要です。
当院では、日本矯正歯科学会、世界舌側矯正歯科学会の有資格者が治療を行います。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-10-11 TK第1ビル 3F

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集

料金表

詳細は料金表をご参照ください。