スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

症例集

ブログ

医療機関の方へ

二子玉川で歯列矯正をご検討中の方!医療費控除が適用されるケース!

2020年01月13日

「歯列矯正を検討しているが、医療費控除に適用されるのだろうか?」
「矯正の治療が医療費控除に適用されるケースについて教えてほしい。」
このように、歯列矯正は医療費控除に適用されるかについて疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
歯列矯正は、決して安くない治療法のため費用を抑えられる制度は利用したいですよね。
そこで今回は、医療費控除が適用されるケースについてご紹介します。

 

□そもそも医療費控除とは

この制度は、医療費が10万円以上だった時に利用できます。
簡単に言うと、1年間にかかった医療費を国に補助してもらえる制度です。
医療費控除では、医療時の全額が返還されるわけではないので注意が必要でしょう。
歯列矯正にかかる費用も、医療費として含められる場合もあります。
以下では、どのような場合に適用されるのかについて紹介します。

 

□医療費控除が適用されるケース

 

*咀嚼に問題がある場合

歯の噛み合わせが悪いことが原因で、咀嚼に問題があるかもしれません。
このような場合の歯列矯正は医療費として認められます。
しかし、見た目を変えることを目的とする歯列矯正は医療費控除の適用外のため注意が必要です。

 

*発音に影響を及ぼしている場合

歯並びが悪いこが原因で、発音に問題がある方がいらっしゃるかもしれません。
発音の問題を解決するために行う歯列矯正は医療費控除の対象です。
このように歯に関連する機能としての問題が生じている場合は適用されることを知っておきましょう。

 

*子供の歯列矯正を行う場合

医療費控除の対象となるのは、個人にかかった医療費だけでなく、子供や家族の医療費も含まれます。
一般的に、成長過程に行う歯列矯正は歯や顎の正しく成長することを促すために必要だと考えられています。
そのため、子供の矯正にかかる費用も医療費として認められます。
基本的に、中学生くらいまでが、子供の矯正として扱われます。

 

□まとめ

今回は、二子玉川で歯列矯正を検討中の方に向けて医療費控除に適用されるケースについてご紹介しました。
費用を抑えるためにも、是非この記事を参考にしてみてください。
当院では診断を行う際に治療費の総額を提示します。
万が一、治療期間や通院回数が増えても追加の治療費はかからないため、ご安心ください。
またご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-10-11 TK第1ビル 3F

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集

料金表

詳細は料金表をご参照ください。