スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

ブログ

医療機関の方へ

裏側矯正ができない場合がある?世田谷区の矯正歯科医が解説します

2019年10月9日

裏側矯正をお考えの方はいませんか?
「表側矯正だと目立ってしまうから、裏側矯正の方が良い。」
「裏側矯正のメリットが多いため、検討している。」
このように、裏側矯正をお考えの方が多くいらっしゃると思います。
しかし、実は、裏側矯正ができない場合があります。
そこで今回は、裏側矯正ができない場合について世田谷区の矯正歯科医が解説します!

 

□裏側矯正とは?

歯列矯正を行う際、歯の表面に矯正器具をつけるというイメージがありますよね。
実は、歯列矯正には、いろいろな種類があるのですが、歯の表面に矯正器具をつける表側矯正のほかに、歯の裏側に矯正器具をつける裏側矯正というものがあります。
裏側矯正とは、一般的な表側矯正に比べ、機能性や安全性などにおいて多くのメリットがあります。

 

*メリット

矯正治療の大きな悩みのひとつに矯正器具が見えることが挙げられます。
子供だけでなく、大人も矯正器具が見えるため、歯列矯正を断念してしまうというケースが多いです。
しかし、裏側矯正は、歯の裏側に矯正器具をつけるため、矯正器具がほかの人に見えません。
矯正器具が見えないという点が、裏側矯正の最大のメリットですね。
また、裏側矯正は、出っ歯や虫歯の予防などの様々なメリットがあります。

 

*デメリット

裏側矯正は、メリットだけでなく、デメリットも存在します。
デメリットとして挙げられるのは、食事や会話などの際の「食べづらさ」や「会話しづらさ」が挙げられます。

 

□できない場合

基本的に裏側矯正ができない場合はありません。
また、表側矯正と裏側矯正とでは、治療期間に差はありません。
歯の裏側の面積が極端に狭いため、装置の制作自体が困難な症例や、裏側を修復した歯が極端に多い症例(修復している部分は、天然歯よりも接着しづらいので外れるリスクが高くなる)などは、治療がしにくいことがあります。
しかし、基本的に裏側矯正ができない場合はないため、もし、上記の例にあてはまる方は、一度矯正歯科医に相談しても良いかもしれませんね。

 

□まとめ

今回は、裏側矯正ができない場合について世田谷区に矯正歯科医が解説しました!
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。

当院では、裏側矯正についてのご相談を随時受け付けております。
歯並びの改善に向けて裏側矯正の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
是非一度、当院までお問い合わせください。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒814-0101
東京都世田谷区玉川3-10-11森本ビル3階

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

料金表

詳細は料金表をご参照ください。