スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別相談

症例集

ブログ

医療機関の方へ

世田谷区で矯正歯科をお探しの方必見|矯正にかかる通院期間とは?

2019年07月12日

「歯列矯正っていつから始めたらいいの?」
「歯列矯正の通院期間とは?」
歯並びにお悩みの方やこれから歯列矯正を始めようと思っている方の中には、このような疑問をお持ちの方が非常に多いです。
今回は、歯列矯正にかかる通院期間や始めるタイミングについて詳しく解説していきたいと思います。

 

□歯列矯正を始めるタイミングは?

歯列矯正を始めるタイミングは、年齢や歯の状態によって異なります。

 

*年齢

特に成長期が終わっていない方は、早めに歯列矯正を始めた方がよいでしょう。
というのも、成長する力が残っているため積極的な治療ができるからです。
また、歯並びは年齢とともに変化していきます。
歯列矯正は、何歳から始めても大丈夫ですが、歯茎や歯の土台となる骨格が健康なうちが望ましいでしょう。

 

*歯の状態

歯の状態は個人によって異なります。
例えば、あごをずらさないと食べ物を噛めないという方は乳歯であっても早期の治療が必要です。
また、虫歯で歯が抜けてしまったり親知らずが気になったりする方も気を付けましょう。
なぜなら、このような症状のお持ちの方は、若い頃は歯並びがよくても歳を取るにつれて悪くなってくることがあるからです。
自分で歯列矯正の必要があるかどうかを判断することが難しい場合もあるので、少しでも気になった方は矯正歯科クリニックの医師による診察やカウンセリングを受けに行きましょう。

 

□歯列矯正にはどれくらいの通院期間が必要なの?

こちらも年齢や歯の状態によって異なります。
歯列矯正では、あごの位置や大きさをはじめ歯を支える骨から動かすこともあるので、一定以上の年月を要します。
また、治療した歯を安定させ元に戻らないようにする保定期間もあります。

 

*成人の場合

一般的に成人の歯列矯正にかかる期間は、1~3年前後です。
あごの骨格の修正に大きな治療が必要な方は、通院期間が長くなる傾向にあります。

 

*子供の場合

子供の歯列矯正では、上下の歯の位置や大きさに問題がある場合は数年かかる場合があります。
なぜなら、これらの治療にはあごの成長に合わせて治療を行う必要があるからです。

 

□まとめ

以上のように、歯列矯正は一定の通院期間が必要になります。
しかし、治療技術や材料の発展によって治療は以前よりも負担が少なくなってきています。
すき歯や出っ歯、受け口でお悩みの方は、歯列矯正をして悩みを解決していきましょう。
ご自身の歯並びが気になり、矯正をお考えの方は是非こちらもご覧ください。
歯並びの改善に向けて、あなたに最適なサポートさせていただきます。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 個別相談
  • 資料請求

〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-10-11 TK第1ビル 3F

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集

料金表

詳細は料金表をご参照ください。