スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川-世田谷区

キービジュアル

Menu

当院の特徴

患者様から選ばれる7つの安心

治療の流れ

個別無料相談

患者様の声

症例集

ブログ

医療機関の方へ

二子玉川で歯列矯正をしたい方へ!見た目を気にせず受け口を矯正する方法とは?

2019年04月12日

「受け口を治療したいけど、治療中の見た目が気になるな。」
「人の目を気にせずに治療をする方法はないかな。」
受け口を治療する際にはどうしても見た目が気になってしまいます。
女性の方なら、できれば治療中は見られたくないという方も多いです。
そこで今回は、治療中の見た目が気になる方必見の、受け口を治療する際の見た目をご紹介します。

 

 

 

□治療中の見た目

早速、受け口を治療する際の見た目についてご紹介します。

 

 

 

*表側から治療をする場合

歯の表側から治療をする場合は、ブラケットなどの金具の装置をつけることが多いです。
金具が銀色なので、正面から見たときに受け口の治療をしていることが分かるかもしれません。
また、ブラケット以外にはフェイシャルマスクという装置をつける場合もあります。
これは、顔全体に装着する装置なので、受け口の治療中であることがすぐに分かってしまいます。
ただ、ほかの治療法よりも治りやすいので、確実に受け口を治したい方におすすめです。

 

 

 

*裏側から治療をする場合

若い女性など、治療中の見た目が気になる方には、裏側矯正がおすすめです。
歯の裏や口の内側に装置をつけるので、周りの人は気づかないでしょう。
裏側矯正の場合、食事や生活をする際の見た目も気にならないですし、歯を食いしばるようなスポーツをしても構いません。
口の表側から治療をするよりも自由に生活ができます。
また、キャビンアテンダントなど、人と接する職業の方でも、この治療法なら仕事をしながら治療できるでしょう。

 

 

 

*外科矯正を受ける場合

装置を口の中につける治療とは異なり、外科矯正をする場合もあります。
この場合は、矯正前と後では治療の跡が残らないことが多いです。
ただ、外科矯正を行う場合には、他の治療と比べて費用が高くつくことに注意が必要です。
また、治療の際にもし失敗してしまったら、顔や口の中に傷が残ることがあります。
このような手術の傷は治るまでに時間がかかるので、矯正を受けるかどうかよく考えてみてください。

 

 

 

□まとめ

以上、受け口を治療する際の見た目について紹介しました。
受け口の治療と聞くと、治療中の見た目が気になる方も多いと思います。
しかし、今回紹介したような裏側矯正を行うことで、周りの目を気にせずに治療ができます。
この記事を参考に、受け口の治療を検討してみてはいかがでしょうか。
また、裏側矯正について興味がある方や相談したいことがある方は、ぜひお問い合わせください。

スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川

  • 無料相談
  • 資料請求

〒814-0101
東京都世田谷区玉川3-10-11森本ビル3階

  • 03-5717-3477
  • メールでの診療予約、無料相談はこちら
10:30~13:00
14:30~20:00

※土曜・日曜の診療時間は下記になります。

午前:9:30~13:00
午後:14:00~18:00

症例集

患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

患者様の声

料金表

詳細は料金表をご参照ください。